足の構造と機能と靴の関係セミナー開催 平成30年7月8日(日曜日)

dai4kaibibiraboasi

足の構造と機能と靴の関係セミナー

痛みがあると普通の生活に大きな支障をきたす足の構造を理解して靴とトラブルとの関係を学びます。
足の痛みと一言で言っても、痛みが発生する原因は様々です。同じ外反母趾でも、人によってトラブルとなっている状況は異なります。
靴選びが大切なのか、靴では解決できない問題なのか、その判断の基準をもつだけで、相談に来たお客様にたいして、ゆとりを持って接することができるようになるでしょう。

 

内容:足の構造と動きと靴の関係

前半では、足のトラブルと靴の関係を理解するために必要な、基礎知識として、足周囲の構造と機能を学びます。
構造は、足の構造と足首(足関節)の構造、運動に関わる筋肉について。機能は、足内部の運動機能と、足関節の運動機能についてを学びます。
後半は、足の痛みや機能障害と靴の関係について学びます。足の痛みの状況によって、同じように見える症状の異なる対処法を学びます。

~つながる下肢の構造~

人のカラダは、足元から頭まで、全ての構造が影響しあってバランスを保っています。

相互影響のなかで、負担を解消できないところに痛みなどの症状が現れやすくなります。

本による独学では、足、膝、股関節など、それぞれの構造を単独で学ぶことしか出来ません。

靴は、足元からアプローチをすることが必須です。そのため、足とそれぞれの構造がどのようにつながり、どのように影響しあっているかを知る必要があります。

このセミナーでは、各回のテーマによって、足から骨盤までの範囲で、足と、足首、下腿、膝、大腿、股関節、骨盤がそれぞれどのように相互影響が起こっているのか、その結果どのようなところに症状として現れるのかを解説します。靴でできる足元からのアプローチの仕方も紹介します。

~得られる効果~

足の構造の変化がなぜ身体のほかの部位に影響を与えるのか、構造の繋がりが分かる。

膝の痛みの原因を構造から考え、推測することが出来る

下肢に症状がある人に、靴で出来ることやってはいけないことがわかる

いままで対応できなかった足の悩みへの対処をしたい

~受講対象~

顧客の訴える症状を理解したい方

靴作りに健康の要素を取り入れたい方

足に悩みを持つ顧客に自信をもって接したい方

~講師プロフィール~

町田雅秀

昭和55年 鍼灸師免許取得 鍼灸師
昭和56年 東洋医学研修センター研修
昭和57年 旧早稲田鍼灸専門学校勤務
早稲田医療専門学校副校長
人間総合科学大学鍼灸専門学校講師、同校臨床実習施設で臨床指導
平成10年 神経障害の研究で医学博士号取得 医学博士
平成16年 早稲田医療技術専門学校講師
平成18年 WHO認定国際鍼灸師取得
平成19年 人間総合科学大学人間科学部講師
平成23年 同大学保険医療学部講師
平成24年 メディコ新宿開院

村山孝太郎
鍼灸師から靴職人となる。整形靴作りとインソール製作を学ぶために単身渡独。帰国後独立し、靴とインソールの店「ルッチェ」をオープン。足のトラブルに対し、治療家の目線で足の問題と全身の状態のつながりを明確にし、培った技術を使って、靴作りとインソール製作、既製靴の改良によって顧客の足の悩みを解消している。

~場所~

東京靴学校921
東京都文京区千駄木3-52-6-2階

~日時~

2018年7月8日(日曜日)
14:30から18:00

~定員~

定員10名

~参加費~

¥8,000
セミナー終了後、懇親会を予定しております(別途実費)

申し込み

セミナーの申し込みはこちら

 

4月8日は膝の構造と機能と靴の関係セミナーでした

dai3kaihiza

第3回は膝に焦点を当てて、構造からみっちりと学ぶセミナーでした。

今回はほとんどが治療関係の方々の参加でしたが、前半の解剖学のパートでも、臨床で役立つ情報も多く参考になったと好評でした。靴関係の方でも、初回から参加の方は徐々に体に関する表現に慣れて、理解が深まっていることがこちらからもよくわかりました。

靴に関しては、様々な形の既製靴が持っている特徴から、膝のトラブルの種類ごとに、履いてはいけない靴や、履くことで膝に良い靴に関する解説をしました。治療関係の方からは、靴の構造についてもう少し知りたいという感想も戴きました。

 

膝の構造と機能と靴の関係セミナー開催 平成30年4月8日(日曜日)

<h2膝の構造と機能と靴の関係セミナー

身体の悩みの代表ともいえる膝について、構造を理解して靴とトラブルとの関係を学びます。
膝の痛みと一言で言っても、痛みが発生する場所は様々です。痛みの場所によってトラブルを起こしている組織も異なります。
膝に良い靴という靴が、全てのトラブルに対して有効であるとは限らないことも、知っておかなくてはいけない重要な要素です。

膝の構造を触って確認しますので、膝が出せるような裾の太いズボンなどでご参加ください。ハーフパンツなどに着替えていただいても結構です。

内容:

膝の構造と動きと靴の関係

前半では、膝の動きと靴の関係を理解するために必要な、基礎知識として、膝周囲の構造と機能を学びます。
構造は、膝の関節構造と、運動に関わる筋肉について。機能は、膝関節の運動機能と。それによって、各運動の制限や機能障害は、構造の何が問題なのかを理解します。
後半は、膝周辺の痛みや機能障害と靴の関係について学びます。膝の痛みの出現箇所によって、ランナーの靴の選び方が変わるなど。

~つながる下肢の構造~

人のカラダは、足元から頭まで、全ての構造が影響しあってバランスを保っています。

相互影響のなかで、負担を解消できないところに痛みなどの症状が現れやすくなります。

本による独学では、足、膝、股関節など、それぞれの構造を単独で学ぶことしか出来ません。

靴は、足元からアプローチをすることが必須です。そのため、足とそれぞれの構造がどのようにつながり、どのように影響しあっているかを知る必要があります。

このセミナーでは、各回のテーマによって、足から骨盤までの範囲で、足と、足首、下腿、膝、大腿、股関節、骨盤がそれぞれどのように相互影響が起こっているのか、その結果どのようなところに症状として現れるのかを解説します。靴でできる足元からのアプローチの仕方も紹介します。

~得られる効果~

足の構造の変化がなぜ身体のほかの部位に影響を与えるのか、構造の繋がりが分かる。

膝の痛みの原因を構造から考え、推測することが出来る

下肢に症状がある人に、靴で出来ることやってはいけないことがわかる

いままで対応できなかった足の悩みへの対処をしたい

~受講対象~

顧客の訴える症状を理解したい方

靴作りに健康の要素を取り入れたい方

足に悩みを持つ顧客に自信をもって接したい方

~講師プロフィール~

町田雅秀

昭和55年 鍼灸師免許取得 鍼灸師
昭和56年 東洋医学研修センター研修
昭和57年 旧早稲田鍼灸専門学校勤務
早稲田医療専門学校副校長
人間総合科学大学鍼灸専門学校講師、同校臨床実習施設で臨床指導
平成10年 神経障害の研究で医学博士号取得 医学博士
平成16年 早稲田医療技術専門学校講師
平成18年 WHO認定国際鍼灸師取得
平成19年 人間総合科学大学人間科学部講師
平成23年 同大学保険医療学部講師
平成24年 メディコ新宿開院

村山孝太郎
鍼灸師から靴職人となる。整形靴作りとインソール製作を学ぶために単身渡独。帰国後独立し、靴とインソールの店「ルッチェ」をオープン。足のトラブルに対し、治療家の目線で足の問題と全身の状態のつながりを明確にし、培った技術を使って、靴作りとインソール製作、既製靴の改良によって顧客の足の悩みを解消している。

~場所~

東京靴学校921
東京都文京区千駄木3-52-6-2階

~日時~

2018年4月8日(日曜日)
14:30から18:00

~定員~

定員12名

~参加費~

¥8,000
セミナー終了後、懇親会を予定しております(別途実費)

申し込み

セミナーの申し込みはこちら

膝の構造を触って確認しますので、膝が出せるような裾の太いズボンなどでご参加ください。ハーフパンツなどに着替えていただいても結構です。

11月26日は股関節の構造と機能と靴の関係セミナーでした

dai2kaikokansetu

今回は股関節に焦点を当てて、構造からみっちりと学ぶセミナーでした。
体の中で最大の関節で、大きな荷重が掛かるにもかかわらず、大きな可動性を持っている関節です。
その分構造も複雑で、体重を支えるための構造と、動くための構造が複雑に絡み合っています。
前半2時間でひと通りのことを説明していただいた結果、皆さんぐったりとしてしまっていました。
後半は、股関節の動きが制限された場合におこる足のトラブルについてと、靴で出来る対処法を話しました。
みなさん普段の接客で見かける特徴的な歩き方や立ち方の原因と、靴で出来る対処法が分かって、興味津々といった様子でした。
中には、足底筋膜炎なのに、足に何をやっても治らないものの紹介もあり、充実した内容でご満足いただけたようです。

股関節の構造と機能と靴の関係セミナー11月26日(日曜日)

bibilabo

股関節の構造と機能と靴の関係セミナー

前回好評だった、股関節の運動と歩行と靴の関係にスポットを当てます。新しい要素を加えながら、より深く掘り下げて理解を深めて下さい。

内容:

股関節の動きと靴の関係

前半で、股関節の動きと靴の関係を理解するために必要な、基礎知識として、股関節の構造と機能を学びます。
構造は、股関節の関節構造と、運動に関わる筋肉について。機能は、股関節の運動機能と、股関節を含む2関節筋によって関係する運動についてです。それによって、各運動の制限や機能障害は、構造の何が問題なのかを理解します。
後半は、股関節の各運動制限や機能障害と靴の関係について学びます。

~つながる下肢の構造~

人のカラダは、足元から頭まで、全ての構造が影響しあってバランスを保っています。

相互影響のなかで、負担を解消できないところに痛みなどの症状が現れやすくなります。

本だけでは、足、膝、股関節など、それぞれの構造を単独で学ぶことしか出来ません。

靴は、足元からアプローチをすることが必須です。そのため、足とそれぞれの構造がどのようにつながり、どのように影響しあっているかを知る必要があります。

このセミナーでは、各回のテーマによって、足から骨盤までの範囲で、足と、足首、下腿、膝、大腿、股関節、骨盤がそれぞれどのように相互影響が起こっているのか、その結果どのようなところに症状として現れるのかを解説します。靴でできる足元からのアプローチの仕方も紹介します。

~得られる効果~

足の構造の変化がなぜ身体のほかの部位に影響を与えるのか、構造の繋がりが分かる。

下肢全体を一つの構造として考えることが出来る

下肢に症状がある人に、靴で出来ることやってはいけないことがわかる

いままで対応できなかった足の悩みへの対処をしたい

~受講対象~

顧客の訴える症状を理解したい方

靴作りに健康の要素を取り入れたい方

足に悩みを持つ顧客に自信をもって接したい方

~講師プロフィール~

町田雅秀

昭和55年 鍼灸師免許取得 鍼灸師
昭和56年 東洋医学研修センター研修
昭和57年 旧早稲田鍼灸専門学校勤務
     早稲田医療専門学校副校長
     人間総合科学大学鍼灸専門学校講師、同校臨床実習施設で臨床指導
平成10年 神経障害の研究で医学博士号取得 医学博士
平成16年 早稲田医療技術専門学校講師
平成18年 WHO認定国際鍼灸師取得
平成19年 人間総合科学大学人間科学部講師
平成23年 同大学保険医療学部講師
平成24年 メディコ新宿開院

村山孝太郎
鍼灸師から靴職人となる。整形靴作りとインソール製作を学ぶために単身渡独。帰国後独立し、靴とインソールの店「ルッチェ」をオープン。足のトラブルに対し、治療家の目線で足の問題と全身の状態のつながりを明確にし、培った技術を使って、靴作りとインソール製作、既製靴の改良によって顧客の足の悩みを解消している。

~場所~

「東京靴学校」921
東京都文京区千駄木3-52-6-2階

~日時~

2017年11月26日(日曜日)
14:30から18:00

~定員~

定員12名

~参加費~

¥8,000
セミナー終了後、懇親会を予定しております(別途実費)

申し込み

セミナーの申し込みはこちら

足の親指の突き指は簡単に起こるので注意が必要。原因不明の母趾の付け根の痛みになることも。痛みが無くなった後は全身のケアが必要。

tukiyubi

足の指の中で、真っ直ぐ伸びた状態でいるのは、親指だけです。他の指は、軽く曲げていることが通常です。
ですから、親指はちょっとぶつけただけで、突き指をしてしまっている場合があります。
足の小指をぶつけると、思わず顔がゆがむほどに痛いですが、突き指にはなりにくいです。
これからお話しするのは、スポーツの最中などの強い衝撃によるものではなく、日常の中で起こる突き指の注意点について説明します。

どんなときに突き指しやすいか

さて、靴を履いた状態で、日常生活を送っていると、足の親指の突き指を起こすことはありません。
突き指を起こしやすい状況は、足の感覚が鈍っていて、足がむき出しになっているときです。つまり、たくさん歩いて足が疲れている日に家に帰ってから。お酒に酔って家に帰ってから。そして、ビーチサンダルを履いて外を歩いているときです。

他の指より関節が少ない親指

初めに言ったとおり、外反母趾の場合を除き、親指は真っ直ぐな状態です。その理由は、足のほかの指よりも関節が一つ少ないためです。
真っ直ぐな指は、何気なくちょっとぶつけただけで、突き指になってしまいます。けれども、そのときは、小指をぶつけたときほど大きな痛みではありません。
そして、その後も、弱い痛みが静かに続きます。

やってはいけないこととやったほうがいいこと

きっかけとなった突き指の瞬間を覚えていない場合、原因の分からない嫌な痛み出しかありません。注意して欲しいのは、ぐりぐりと曲げてみたり、ひねってみたり、もんだりしないで欲しいのです。固定できるとなお良いのですが、難しいでしょうから、できる限りそっとしておきましょう。
こんなときに履くと良い靴は、底の返りの悪いくつです。しっかりした固い底という方が良いかもしれません。スニーカーよりも革靴や、スニーカーだとしても靴底のやや固いものを選んだください。革靴でも、つま先がとがって長い物は良くありません。また、女性の場合、ヒールは大敵ですので避けましょう。

どのくらいの期間が必要?

痛みが無くなるまでの期間ですが、手の指の軽い突き指なら2から3週間ですが、足の親指の場合は、軽いものでも1ヶ月はかかるものと思っておきましょう。

痛みが無くなってからするべきこと

そして、痛みが無くなった後もケアが必要です。
このケアは、足だけではなく、全身に対してです。なぜかというと、親指が痛かった間、歩き方が確実におかしくなっているからです。親指に体重をかけたからといって、痛みが強くなることは無かったとしても、痛みがあるところを無意識によけるように歩いてしまうはずです。その歩き方を1ヶ月以上も続けていたら、確実に歩き方にクセがついてしまいます。
そのクセを身体から取り除くために、専門家のアドバイス受けてストレッチを行うことをお勧めします。また、足についてしまったクセも、足の専門家による治療やアドバイスを受けることをお勧めします。

靴の学校921は、足のトラブルへの対処が出来る足と靴の専門家を育てるための学校です。

足の相談はこちら
足と靴の専門店 ルッチェ

靴の学校921 開校記念セミナーを開催しました!!

このたび、靴学校921を開校致しました。
2018年4月より開始の本科の前に、靴関係者のためのセミナーからスタートいたしました。

前半2/3を医学博士で鍼灸師の町田雅秀先生にご登壇戴き、後半は靴学校921主催の、村山が登壇させていただきました。

kaikousemina

前半は下肢全体のつながりを知っていただくために、骨盤、股関節、膝、足首、足という下肢全体が一つのユニットとして働くことを話していただきました。
普段から臨床で患者さんの全身を診ているからできるお話も多数です。
上肢と下肢の構造的な違いや、上下の関節の相互影響の話しは構造を応用して考える上で大切ですから、何度も聞いて確実に自分の知識にしたい内容です。
活発な質問に講師も力が入り、前半終わって予定を30分オーバーしてしまいました。

後半は村山が、骨盤内の筋肉が固いと靴を履いたとき踵が抜けやすくなるという内容でお話ししました。下肢ユニットの、一番上と一番下という、普通には結びつかない場所に深い関連があって、このことに気が付かないでいると、何度もフィッティングする羽目になります。
参加された皆さんは、普段から靴の踵のフィットという難しい課題に取り組んでいるからこそ、まさか原因がそんな上の方にあったなんてと驚いていました。足だけ見ていてはたどり着けない答えの典型ですね。しかも、その対処法までお話ししたから、参加の皆さんの目の色も変わります。

結果的には45分以上予定時間を越えてしまいました。
骨盤から下肢全体は、本科のカリキュラムでは1年かけてじっくり学ぶ内容だけに、時間が足りなかったともいえます。欲張りすぎたとちょっと反省。

それでも尽きない熱は、セミナー後の懇親会まで続きます。
皆さん講義の延長で話しは大盛り上がり。
お酒も入って緊張がほぐれると、これまでに独学で勉強していたけれど、本やネットだけでは理解が進まなかったところの質問大会でした。
日々の疑問にも町田先生の丁寧な説明が返ってきて、皆さんに喜んでいただけたようで良かったです。

そんなに盛り上がったのに写真を撮り忘れてしまいました。残念。

 

最後に、初回のセミナーに参加してくださった皆様に感謝申し上げます。
ありがとうございました。

革漉き包丁  道具や機械1

30-36

刃物というのはもの作りには欠かせない道具です。

靴作りにも包丁を使います。その包丁は、革製品の作成に使われますので、靴専門の靴包丁ではなく、革漉き包丁と呼ばれます。

革を切るのではなく、斜めに削ぐようにしたり、厚みを薄くすることを、漉くと言います。

 

ちょっと変わった形をしています。

houchou (1)

最初の画像のように、使う人の好みや、使う場所によって、いろいろな刃の幅があります。

ここにあるのは30ミリ幅と36ミリ幅ですが、20ミリ幅、25ミリ幅、40ミリ幅などいろいろあります。

 

この革漉き包丁は、「ヘラ」として、革用の包丁という使い方以外にも、いろいろなところで使われています。

これは、お蕎麦屋さんで、天ぷら鍋の掃除用として長年使われている革漉き包丁の写真です。

marufuku

また、カッターナイフメーカーのOLFAから出ている刃先交換式の革漉き包丁もあります。

olfa

この形の革漉き包丁は、OLFAの物かは分かりませんが、海外でも販売されているようで、私がいたドイツの工房でも、「ヘラ」としてですが、使われていました。

製作作業にはいろいろと不向きですが、ルッチェでも、掃除用にはこれを使っています。

この革漉きは、刃先交換式ですが、当然研げますので、切れなくなったら研いで使うことも出来ます。

 

木型を削ることを、学びの初期から行う理由

木型を削ること木型は靴作りにおいてとても大切な工程です。
メーカーであれ、個人であれ、靴を作る人にとって、オリジナルの木型作りには心血を注いでいるものです。
そうした工程ですから、靴学校ではたいてい、靴への理解がある程度進んでから行われています。しかし、921では、学びの初期から積極的に、木型の加工に取り組みます。

木型は靴の出来上がりをほぼ決定するといえます。

決定する要素は、雰囲気(又は佇まいと言ってもいいでしょう)、機能、履き心地などです。
では、921で、靴についてほとんど知識も経験も無いうちから、木型の何に取り組むかというと、履き心地の部分です。
どの部分を削ると、履き心地がどうなり、どの部分を膨らますと履き心地がどう変わるのか、ということを、繰り返し体験することで経験を蓄積します。

なぜ履き心地についてなのかと言うと、雰囲気と機能は、作ろうとする靴の完成イメージを持っていなくては取り組むことが出来ないからです。そのため、靴の学びの初期では取り組むことが困難です。しかし、履き心地は、これまで靴を履いてきた経験がありますし、痛い、ゆるい、快適など、履けば感想がわかるものです。

本来は、雰囲気、機能、履き心地の全てを同時に作り上げることが木型作りなのですが、いきなり全てを同時に取り組むのは難易度が高すぎます。これは、ある程度靴について学んだ後であっても同じことです。たいていの場合、靴学校の授業で1年間に学生が作ることの出来る木型は、1型か2型です。そのため、どうしても、失敗しないように慎重になってしまいがちです。すると、終わった後に残っているのは、木型という作品です。
本来手に入れるべきことは、うまくいかない状況に面した際、何が問題なのか、どういう解決方法があるのか、考えるための下地であり、それは経験と、そのときに使った生きた知識です。

もちろん、履き心地のための「削り」や「足す」といった作業も、見た目に影響を与えます。といことは、先ずは履き心地のための寸法変更をいろいろと行いながら、その結果靴の見た目にどう影響を与えるかということも経験的に学ぶことが出来ます。

最終的には、雰囲気、機能、履き心地を同時に考えながら作業できるようにならなくてはいけません。足の寸法に対して木型の寸法はどうするべきか、靴を作るために守らなければならないことは何かなど、製作と失敗と検証を繰り返しながら、自分自身の視野を広げ、木型という小さな製作物の曲線のつながりの中に、様々な意味をこめることが出来るように、積極的に知識と経験を増やしていきます。

開校記念セミナー開催!!

靴関係者のための、下肢の症状と足のつながりを考える方法セミナー

開催日時 : 2017年9月18日(月祝) 14:00~17:00

 

~つながる下肢の構造~

人のカラダは、足元から頭まで、全ての構造が影響しあってバランスを保っています。

相互影響のなかで、負担を解消できないところに痛みなどの症状が現れやすくなります。

本だけでは、足、膝、股関節など、それぞれの構造を単独で学ぶことしか出来ません。

しかし靴は、足元からアプローチをすることが必須です。そのため、それぞれの構造がどのようにつながり、どのように影響しあっているかを知る必要があります。

今回は、足から骨盤までの範囲で、足、足首、下腿、膝、大腿、股関節、骨盤の相互影響がどのように起こっているのか、その結果どのようなところに症状として現れるのかを解説します。靴でできる足元からのアプローチの仕方も紹介します。

 

得られる効果

足の構造の変化がなぜ身体のほかの部位に影響を与えるのか、構造の繋がりが分かる。

下肢全体を一つの構造として考えることが出来る

下肢に症状がある人に、靴でやってはいけないことがわかる

いままで対応できなかった足の悩みへの対処をしたい

 

こんな方におすすめ

顧客の訴える症状を理解したい

靴作りに健康の要素を取り入れたい

足に悩みを持つ顧客に自信をもって接したい

講師プロフィール

町田雅秀

昭和55年 鍼灸師免許取得 鍼灸師
昭和56年 東洋医学研修センター研修
昭和57年 旧早稲田鍼灸専門学校勤務
     早稲田医療専門学校副校長
     人間総合科学大学鍼灸専門学校講師、同校臨床実習施設で臨床指導
平成10年 神経障害の研究で医学博士号取得 医学博士
平成16年 早稲田医療技術専門学校講師
平成18年 WHO認定国際鍼灸師取得
平成19年 人間総合科学大学人間科学部講師
平成23年 同大学保険医療学部講師
平成24年 メディコ新宿開院

 

 

場所

東京靴学校921
東京都文京区千駄木3-52-6
 

定員

定員12名

 

参加費

8,000円
セミナー終了後、懇親会を予定しております

セミナーの申し込みはこちら
https://form.os7.biz/f/6a7621ac/