靴の学校921 開校記念セミナーを開催しました!!

このたび、靴学校921を開校致しました。
2018年4月より開始の本科の前に、靴関係者のためのセミナーからスタートいたしました。

前半2/3を医学博士で鍼灸師の町田雅秀先生にご登壇戴き、後半は靴学校921主催の、村山が登壇させていただきました。

kaikousemina

前半は下肢全体のつながりを知っていただくために、骨盤、股関節、膝、足首、足という下肢全体が一つのユニットとして働くことを話していただきました。
普段から臨床で患者さんの全身を診ているからできるお話も多数です。
上肢と下肢の構造的な違いや、上下の関節の相互影響の話しは構造を応用して考える上で大切ですから、何度も聞いて確実に自分の知識にしたい内容です。
活発な質問に講師も力が入り、前半終わって予定を30分オーバーしてしまいました。

後半は村山が、骨盤内の筋肉が固いと靴を履いたとき踵が抜けやすくなるという内容でお話ししました。下肢ユニットの、一番上と一番下という、普通には結びつかない場所に深い関連があって、このことに気が付かないでいると、何度もフィッティングする羽目になります。
参加された皆さんは、普段から靴の踵のフィットという難しい課題に取り組んでいるからこそ、まさか原因がそんな上の方にあったなんてと驚いていました。足だけ見ていてはたどり着けない答えの典型ですね。しかも、その対処法までお話ししたから、参加の皆さんの目の色も変わります。

結果的には45分以上予定時間を越えてしまいました。
骨盤から下肢全体は、本科のカリキュラムでは1年かけてじっくり学ぶ内容だけに、時間が足りなかったともいえます。欲張りすぎたとちょっと反省。

それでも尽きない熱は、セミナー後の懇親会まで続きます。
皆さん講義の延長で話しは大盛り上がり。
お酒も入って緊張がほぐれると、これまでに独学で勉強していたけれど、本やネットだけでは理解が進まなかったところの質問大会でした。
日々の疑問にも町田先生の丁寧な説明が返ってきて、皆さんに喜んでいただけたようで良かったです。

そんなに盛り上がったのに写真を撮り忘れてしまいました。残念。

 

最後に、初回のセミナーに参加してくださった皆様に感謝申し上げます。
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です