木型を削ることを、学びの初期から行う理由

木型を削ること木型は靴作りにおいてとても大切な工程です。
メーカーであれ、個人であれ、靴を作る人にとって、オリジナルの木型作りには心血を注いでいるものです。
そうした工程ですから、靴学校ではたいてい、靴への理解がある程度進んでから行われています。しかし、921では、学びの初期から積極的に、木型の加工に取り組みます。

木型は靴の出来上がりをほぼ決定するといえます。

決定する要素は、雰囲気(又は佇まいと言ってもいいでしょう)、機能、履き心地などです。
では、921で、靴についてほとんど知識も経験も無いうちから、木型の何に取り組むかというと、履き心地の部分です。
どの部分を削ると、履き心地がどうなり、どの部分を膨らますと履き心地がどう変わるのか、ということを、繰り返し体験することで経験を蓄積します。

なぜ履き心地についてなのかと言うと、雰囲気と機能は、作ろうとする靴の完成イメージを持っていなくては取り組むことが出来ないからです。そのため、靴の学びの初期では取り組むことが困難です。しかし、履き心地は、これまで靴を履いてきた経験がありますし、痛い、ゆるい、快適など、履けば感想がわかるものです。

本来は、雰囲気、機能、履き心地の全てを同時に作り上げることが木型作りなのですが、いきなり全てを同時に取り組むのは難易度が高すぎます。これは、ある程度靴について学んだ後であっても同じことです。たいていの場合、靴学校の授業で1年間に学生が作ることの出来る木型は、1型か2型です。そのため、どうしても、失敗しないように慎重になってしまいがちです。すると、終わった後に残っているのは、木型という作品です。
本来手に入れるべきことは、うまくいかない状況に面した際、何が問題なのか、どういう解決方法があるのか、考えるための下地であり、それは経験と、そのときに使った生きた知識です。

もちろん、履き心地のための「削り」や「足す」といった作業も、見た目に影響を与えます。といことは、先ずは履き心地のための寸法変更をいろいろと行いながら、その結果靴の見た目にどう影響を与えるかということも経験的に学ぶことが出来ます。

最終的には、雰囲気、機能、履き心地を同時に考えながら作業できるようにならなくてはいけません。足の寸法に対して木型の寸法はどうするべきか、靴を作るために守らなければならないことは何かなど、製作と失敗と検証を繰り返しながら、自分自身の視野を広げ、木型という小さな製作物の曲線のつながりの中に、様々な意味をこめることが出来るように、積極的に知識と経験を増やしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です