足の親指の突き指は簡単に起こるので注意が必要。原因不明の母趾の付け根の痛みになることも。痛みが無くなった後は全身のケアが必要。

tukiyubi

足の指の中で、真っ直ぐ伸びた状態でいるのは、親指だけです。他の指は、軽く曲げていることが通常です。
ですから、親指はちょっとぶつけただけで、突き指をしてしまっている場合があります。
足の小指をぶつけると、思わず顔がゆがむほどに痛いですが、突き指にはなりにくいです。
これからお話しするのは、スポーツの最中などの強い衝撃によるものではなく、日常の中で起こる突き指の注意点について説明します。

どんなときに突き指しやすいか

さて、靴を履いた状態で、日常生活を送っていると、足の親指の突き指を起こすことはありません。
突き指を起こしやすい状況は、足の感覚が鈍っていて、足がむき出しになっているときです。つまり、たくさん歩いて足が疲れている日に家に帰ってから。お酒に酔って家に帰ってから。そして、ビーチサンダルを履いて外を歩いているときです。

他の指より関節が少ない親指

初めに言ったとおり、外反母趾の場合を除き、親指は真っ直ぐな状態です。その理由は、足のほかの指よりも関節が一つ少ないためです。
真っ直ぐな指は、何気なくちょっとぶつけただけで、突き指になってしまいます。けれども、そのときは、小指をぶつけたときほど大きな痛みではありません。
そして、その後も、弱い痛みが静かに続きます。

やってはいけないこととやったほうがいいこと

きっかけとなった突き指の瞬間を覚えていない場合、原因の分からない嫌な痛み出しかありません。注意して欲しいのは、ぐりぐりと曲げてみたり、ひねってみたり、もんだりしないで欲しいのです。固定できるとなお良いのですが、難しいでしょうから、できる限りそっとしておきましょう。
こんなときに履くと良い靴は、底の返りの悪いくつです。しっかりした固い底という方が良いかもしれません。スニーカーよりも革靴や、スニーカーだとしても靴底のやや固いものを選んだください。革靴でも、つま先がとがって長い物は良くありません。また、女性の場合、ヒールは大敵ですので避けましょう。

どのくらいの期間が必要?

痛みが無くなるまでの期間ですが、手の指の軽い突き指なら2から3週間ですが、足の親指の場合は、軽いものでも1ヶ月はかかるものと思っておきましょう。

痛みが無くなってからするべきこと

そして、痛みが無くなった後もケアが必要です。
このケアは、足だけではなく、全身に対してです。なぜかというと、親指が痛かった間、歩き方が確実におかしくなっているからです。親指に体重をかけたからといって、痛みが強くなることは無かったとしても、痛みがあるところを無意識によけるように歩いてしまうはずです。その歩き方を1ヶ月以上も続けていたら、確実に歩き方にクセがついてしまいます。
そのクセを身体から取り除くために、専門家のアドバイス受けてストレッチを行うことをお勧めします。また、足についてしまったクセも、足の専門家による治療やアドバイスを受けることをお勧めします。

靴の学校921は、足のトラブルへの対処が出来る足と靴の専門家を育てるための学校です。

足の相談はこちら
足と靴の専門店 ルッチェ