足の構造と機能と靴の関係セミナー開催 平成30年7月8日(日曜日)

dai4kaibibiraboasi

足の構造と機能と靴の関係セミナー

痛みがあると普通の生活に大きな支障をきたす足の構造を理解して靴とトラブルとの関係を学びます。
足の痛みと一言で言っても、痛みが発生する原因は様々です。同じ外反母趾でも、人によってトラブルとなっている状況は異なります。
靴選びが大切なのか、靴では解決できない問題なのか、その判断の基準をもつだけで、相談に来たお客様にたいして、ゆとりを持って接することができるようになるでしょう。

 

内容:足の構造と動きと靴の関係

前半では、足のトラブルと靴の関係を理解するために必要な、基礎知識として、足周囲の構造と機能を学びます。
構造は、足の構造と足首(足関節)の構造、運動に関わる筋肉について。機能は、足内部の運動機能と、足関節の運動機能についてを学びます。
後半は、足の痛みや機能障害と靴の関係について学びます。足の痛みの状況によって、同じように見える症状の異なる対処法を学びます。

~つながる下肢の構造~

人のカラダは、足元から頭まで、全ての構造が影響しあってバランスを保っています。

相互影響のなかで、負担を解消できないところに痛みなどの症状が現れやすくなります。

本による独学では、足、膝、股関節など、それぞれの構造を単独で学ぶことしか出来ません。

靴は、足元からアプローチをすることが必須です。そのため、足とそれぞれの構造がどのようにつながり、どのように影響しあっているかを知る必要があります。

このセミナーでは、各回のテーマによって、足から骨盤までの範囲で、足と、足首、下腿、膝、大腿、股関節、骨盤がそれぞれどのように相互影響が起こっているのか、その結果どのようなところに症状として現れるのかを解説します。靴でできる足元からのアプローチの仕方も紹介します。

~得られる効果~

足の構造の変化がなぜ身体のほかの部位に影響を与えるのか、構造の繋がりが分かる。

膝の痛みの原因を構造から考え、推測することが出来る

下肢に症状がある人に、靴で出来ることやってはいけないことがわかる

いままで対応できなかった足の悩みへの対処をしたい

~受講対象~

顧客の訴える症状を理解したい方

靴作りに健康の要素を取り入れたい方

足に悩みを持つ顧客に自信をもって接したい方

~講師プロフィール~

町田雅秀

昭和55年 鍼灸師免許取得 鍼灸師
昭和56年 東洋医学研修センター研修
昭和57年 旧早稲田鍼灸専門学校勤務
早稲田医療専門学校副校長
人間総合科学大学鍼灸専門学校講師、同校臨床実習施設で臨床指導
平成10年 神経障害の研究で医学博士号取得 医学博士
平成16年 早稲田医療技術専門学校講師
平成18年 WHO認定国際鍼灸師取得
平成19年 人間総合科学大学人間科学部講師
平成23年 同大学保険医療学部講師
平成24年 メディコ新宿開院

村山孝太郎
鍼灸師から靴職人となる。整形靴作りとインソール製作を学ぶために単身渡独。帰国後独立し、靴とインソールの店「ルッチェ」をオープン。足のトラブルに対し、治療家の目線で足の問題と全身の状態のつながりを明確にし、培った技術を使って、靴作りとインソール製作、既製靴の改良によって顧客の足の悩みを解消している。

~場所~

東京靴学校921
東京都文京区千駄木3-52-6-2階

~日時~

2018年7月8日(日曜日)
14:30から18:00

~定員~

定員10名

~参加費~

¥8,000
セミナー終了後、懇親会を予定しております(別途実費)

申し込み

セミナーの申し込みはこちら

 

足の親指の突き指は簡単に起こるので注意が必要。原因不明の母趾の付け根の痛みになることも。痛みが無くなった後は全身のケアが必要。

tukiyubi

足の指の中で、真っ直ぐ伸びた状態でいるのは、親指だけです。他の指は、軽く曲げていることが通常です。
ですから、親指はちょっとぶつけただけで、突き指をしてしまっている場合があります。
足の小指をぶつけると、思わず顔がゆがむほどに痛いですが、突き指にはなりにくいです。
これからお話しするのは、スポーツの最中などの強い衝撃によるものではなく、日常の中で起こる突き指の注意点について説明します。

どんなときに突き指しやすいか

さて、靴を履いた状態で、日常生活を送っていると、足の親指の突き指を起こすことはありません。
突き指を起こしやすい状況は、足の感覚が鈍っていて、足がむき出しになっているときです。つまり、たくさん歩いて足が疲れている日に家に帰ってから。お酒に酔って家に帰ってから。そして、ビーチサンダルを履いて外を歩いているときです。

他の指より関節が少ない親指

初めに言ったとおり、外反母趾の場合を除き、親指は真っ直ぐな状態です。その理由は、足のほかの指よりも関節が一つ少ないためです。
真っ直ぐな指は、何気なくちょっとぶつけただけで、突き指になってしまいます。けれども、そのときは、小指をぶつけたときほど大きな痛みではありません。
そして、その後も、弱い痛みが静かに続きます。

やってはいけないこととやったほうがいいこと

きっかけとなった突き指の瞬間を覚えていない場合、原因の分からない嫌な痛み出しかありません。注意して欲しいのは、ぐりぐりと曲げてみたり、ひねってみたり、もんだりしないで欲しいのです。固定できるとなお良いのですが、難しいでしょうから、できる限りそっとしておきましょう。
こんなときに履くと良い靴は、底の返りの悪いくつです。しっかりした固い底という方が良いかもしれません。スニーカーよりも革靴や、スニーカーだとしても靴底のやや固いものを選んだください。革靴でも、つま先がとがって長い物は良くありません。また、女性の場合、ヒールは大敵ですので避けましょう。

どのくらいの期間が必要?

痛みが無くなるまでの期間ですが、手の指の軽い突き指なら2から3週間ですが、足の親指の場合は、軽いものでも1ヶ月はかかるものと思っておきましょう。

痛みが無くなってからするべきこと

そして、痛みが無くなった後もケアが必要です。
このケアは、足だけではなく、全身に対してです。なぜかというと、親指が痛かった間、歩き方が確実におかしくなっているからです。親指に体重をかけたからといって、痛みが強くなることは無かったとしても、痛みがあるところを無意識によけるように歩いてしまうはずです。その歩き方を1ヶ月以上も続けていたら、確実に歩き方にクセがついてしまいます。
そのクセを身体から取り除くために、専門家のアドバイス受けてストレッチを行うことをお勧めします。また、足についてしまったクセも、足の専門家による治療やアドバイスを受けることをお勧めします。

靴の学校921は、足のトラブルへの対処が出来る足と靴の専門家を育てるための学校です。

足の相談はこちら
足と靴の専門店 ルッチェ